FC2ブログ

Welcome to my blog

サバランが食べたかったのでブリオッシュを焼いた話 サバラン・ウメッシュ爆誕

お気楽インコ

お気楽インコ

よくSF小説で過去にタイムスリップした主人公が、過去の自分に過ちを回避するために、助言したり失敗しないよう奔走するってのあるじゃない。
大体は過去の自分が言うこと聞かなくて、同じ失敗を繰り返してしまうんだけれどね、あれ、本当だわ!真理だわ!
逆パターンもあるけれど、一致しているのは過去も未来も言うこと聞かないで同じ失敗繰り返しちゃうのよね。
昨日も朝早くからぴ~こに起こされたので、5時からブリオッシュ焼いたのよ。朝一番早いのはパン屋のおばちゃんだし。
いきなり思い立ったのは戸棚片付けていたら、正月用に買ったラム酒が出てきたので、サバランが食べたくなったから。
パンやお菓子作るときは20年前のレシピノート見てるんだけれど、ブリオッシュのページに「二度と作らない」の文字が??
過去の自分の心の叫びを無視して作り始めて思い出した、このパン、水分と油と多くてベトベトして捏ねるのすごく大変なんだった。
鳥天、手ごねが好きなんだけれどね、フランスパン系とブリオッシュは、ホームベーカリーを使うの勧めるわ!!
過去の自分の忠告には素直に従うべきよ(*´艸`)大体が失敗を忘れるから同じこと繰り返すんだわね、学ばないな、鳥天。
止めておけばよかったと悪戦苦闘、阿鼻叫喚のベトベター祭りの末どうにかできたサバランがこれ。

20200517サバラン
ミントの葉っぱかフルーツの一つでもあれば美しいんだろうけれど、そんな気の利いたものはなかったのよね。
サバランはブリオッシュに紅茶のシロップを沁み込ませて冷やして、洋酒をかけてクリームや果物を飾ったおやつのことね。
20200517ブリオッシュ2
ブリオッシュ型持ってないからプリン型で焼いたので、典型的なブリオッシュじゃないのは許せ。
20200517ブリオッシュ
典型的なのがグランドホテルのブリオッシュ。僧侶の頭つきパンって名前がついている。まぁ、自分で作るとこうなる(*´艸`)
20200517ブリオッシュ作り
因みにこれはパトラッシュで、邪悪インコは作業中うるさいので切れ端を与えられる。
形は兎も角、水を使わず卵と牛乳、バターで練っているからね、口当たりは軽いしふわっとバターが香りとても美味しい。
20200517サバラン
焼き上げて1個味見してから散歩に行ったら、帰ると4個あったはずのブリオッシュが2個に減っていた・・・あぁ・・口惜しい
頭ちょん切ってちょこっとくり抜いて、紅茶シロップに浸して冷蔵庫へ。しっかり冷えたらラム酒ちょこっと垂らしてクリーム詰めて出来上がり。
20200517サバランウメッシュ
でね、棚に正月の縁起物、北海道神宮の梅で作った梅酒もあったのよ。オレンジリキュールなんて洒落たものあるとカッコいいんだけれどね。
モンジェリがサバランオランジェなら、鳥天はサバランウメッシュだわ!この梅酒、甘みが少ないから、激甘にならないで悪くなかったよ。
漬け込んである梅の輪切り添えたらキュウリのピクルスみたいで違和感。せめて梅ジャム作って中に仕込むくらいの情熱があれば・・・
そんなこんな、天気が悪い外出自粛の週末であった。
20200517オシドリ
中島公園のオシドリさん、高いところから監視中!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
最終更新日2020-05-18
Posted byお気楽インコ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply