FC2ブログ

Welcome to my blog

豊平公園のハンカチノキ開花 ルバーブでジャム作り、500g128円とお安かったんだもん

お気楽インコ

お気楽インコ

昨日は全国的に天気が良かったのかしら?札幌も気温が23℃まで上がって、ジャンパー着てたら暑くて暑くて!
午前中は藤棚巡りして乙女な日だったわと思っていたら、夕方買い忘れ品があり夫と買い物ついでに豊平公園に寄って来た。
そういや、ハンカチノキの花咲いたかなと思い出したわけだ。ハンカチノキ知ってる?
鳥天、3年前の花の終わりに豊平公園に木があると知って、去年は咲かなかったので、咲いているのを見るのは初めてだった。

20200529ハンカチノキ
花についた白い苞葉がハンカチのように見えるってことでハンカチノキ。別名幽霊の木ともいうらしいよ。
花びらだと思ってたんだけれど、よく見れば葉脈見えるもんね。札幌にはここの他は百合が原公園と北大植物園に植えてあるかな。
20200529ハンカチノキ
そんなにたくさん咲いてなかったので、知らないと見過ごしてしまうかも。藤棚の向かい側にあるよ。
20200529ハンカチノキ実と種
夏には丸い実がなり、中の種はギザギザでちょっとカッコいい。
20200529豊平公園藤棚
ここの藤棚は小さなあずま屋程度なんだけれど、日当たりも良いし満開だった。周囲は甘やかな藤の香が漂っていた。
チューリップもムスカリもそろそろ終わりだけれど、まだきれいに咲いていたし、シャクナゲも満開できれいなので見に行くべし!
車で行ったので、今コロナ感染拡大防止やら何やらで駐車場5時でしまっちゃうから、時間もあんまりなくて鳥さん探しはできなかった。

ルバーブ
で、ルバーブ。こっちじゃ結構よく見るし、20年ほど前妹宅の庭でボーボーに育っていたので珍しい野菜だとは知らなかった。
原産がロシアかどこかの寒い地方なので、北海道にピッタリの作物。漢方薬でよく使われるダイオウ(大黄)の仲間。
和名はショクヨウダイオウ、ダイオウの仲間なのでちょっとだけ下剤の成分が含まれるそう。
葉にはシュウ酸が多く含まれるので食用できず、必ず葉を落として赤いフキみたいになって売っている。
種と苗のお店、マルシェ青空さんから写真お借りしたんだけれど、見ての通り結構でかい。茎だけで40~50㎝くらいあるよ。
妹宅のルバーブも一度植えたら毎年ニョキニョキ生えて、どんどん株が密になって全然可愛くない、ちょっとしたジャングルになっていた。
20200529ルバーブジャム
生食だとちょっとアクがあるので水にさらすんだけれど、セロリみたいな食感で酸っぱい味、若干のエグミが残るかな。
イタドリってあるじゃない、どこにでも生えてる背の高い節のある植物。こっちではスカンポって言うんだけれど、あれの味がする。
ググったらイタドリもタデ科で同類なので、鳥天の味覚がおかしい訳ではない模様。
無難な食べ方はジャムやケーキのフィリングで、小さく切って砂糖入れて20分ほど煮ると勝手に溶けてジャムになる。香りは草。
酸味が爽やかよ。カリンズやグズベリーのジャムに似た感じの仕上がりになる。
500g128円と、きっと格安だったんだろうけれど、ジャムそんなに使わないんだよね~。
左の滝本農場のルバーブ、赤井川村のふるさと納税の返礼品で、1万円の寄付で1.6㎏届くらしいよ。見事に赤くてきれいなルバーブだわ!
20200529乙女カラス
乙女な一日の締めくくりは乙女なカラス。カラスさん、たんぽぽ好きなのよね。苦くないのかしらね?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
最終更新日2020-05-30
Posted byお気楽インコ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply