fc2ブログ

Welcome to my blog

ダッチベイビー いつまで経っても噴火しない ダッチベイビー10個目 もう諦めた

お気楽インコ

お気楽インコ

大体において飽きっぽいし忘れやすいから、何時までも思い悩んだりグズグズ引きずったりすること少ないんだけれどね……
まだダッチベイビーを爆発噴火させたくて毎日焼いていた。意外としつこいオンナだった。
さすがにもう食べるの飽きたのよね~卵もなくなるので今日から朝のルーチンワークから除外しようかと思っている。
結局、爆発噴火はしなかった。縄文火炎土器っぽい形にならないでの終了なのがちょいと悔しいけれど、潔く諦めよう。

20220219本日のダッチベイビー
昨日のダッチベイビーははちみつレモンにバニラアイス。こんなの朝から毎日食べてちゃいかんよね。太るのは当たり前だ。
しかも腰痛で運動量も落ちていたのに💦
きっと次に作るのは夏が終わる頃だろうので、忘れないように作り方書いておこう。
20220219ダッチベイビー
お菓子作りで面倒なのが計量じゃない、ダッチベイビーはテキトーでも大丈夫なのでとってもハードルが低い。
材料は17cmスキレット1個分で卵M 1個・牛乳 50㏄・薄力粉 35g・砂糖小さじ半分・バター10g、家にあるものだけで作れる。
小麦粉35gと書いたけれど、小麦粉の10gは大さじ1なので、大さじ3と1/2。キッチンスケールがなくても計れる。
砂糖は甘くしたければ入れて、食事系にする時は入れなくても良い。ソースやシロップかけるから生地はそう甘くなくて良いと思う。
作業自体は5分もあれば終わるので、先ずはオーブンの予熱を開始してから材料を出しても余裕。
予熱の時にスキレットやなければ耐熱容器をオーブンに入れて温める。
20220219ダッチベイビー2
粉をふるうのが面倒なので泡立て器でグルグル。
粉ふるいは塊をなくすのと粉の間に空気を入れてふわっとさせる、均一にするって意味があるから……本当はやった方がいいんだろうね。
卵は室温に戻して切り混ぜる。茶碗蒸し作る時の混ぜ方ね。泡立て器を上下に回さないで左右に動かして摺り切るように混ぜる。
泡立てすぎると生地が均一に膨らんで、ダッチベイビー独特のお茶碗型にならないで真ん中も膨らんだパンケーキ型になるらしい。
混ぜた卵液に牛乳を加え2回に分けて粉に入れ混ぜる。1回目は粒が残らないように泡だて器で、2回目はヘラでざっと切り混ぜる。
予熱で温めた容器にバターを入れて、容器全体に回すように広げる。ジュっとバターが焦げるけれど大丈夫。
で、後は210℃に温度下げたオーブンで15分ほど焼くだけ。
20220219ダッチベイビーバター
バターが苦手だったり面倒な時は容器に油塗るだけでも良い。
バターを使うと縁がジクジクした感じで、多分これが不定形に爆発噴火型になる決め手なのではないかと思われる。
溶けたバターが多いところはより高温で他の部位との温度差が出来て、生地の中の卵がより膨らんでモコモコになる……んだろうな。
20220219ダッチベイビー78
上のダッチベイビーを横から見た写真。
左は焼く前に生地を回して縁につけるようにしたもので、ちょっと条件が違うけれど、他はバターの有無以外は同じ条件。
10gって生地の割合にしたらバターが多いって感じるんだけれど、たっぷりバターを使うと生地全体に油が回ってきれいな焼き色だ。
20220219本日のダッチベイビー
区切りのダッチベイビー10個目はバターを使い生地を縁に回して作った。やっぱり縄文火炎土器にはならなかった。
目標を達成せずの撤退はチョイと心残りはあるけれど、腰が全快して運動量が戻ったらまたトライしてみよう。
誰か爆発噴火型の作るコツ見つけたら教えてね!

今日から少し普段通りの運動量に戻そうと思っていたんだけれどね、朝からすんごく雪降っている。
天気予報によると今夜からまた北海道大荒れの天気らしい。
折角春めいてきたと思ったのに、やっぱり蝦夷地、試される大地継続中。
さてさて今日はおうちで何して遊ぼうかな!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌市情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
最終更新日2022-02-20
Posted byお気楽インコ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply