fc2ブログ

Welcome to my blog

丁稚羊羹 水羊羹と粉入りタイプ 重箱ぼたもちに求肥昆布、わかめ餅 未知との遭遇

お気楽インコ

お気楽インコ

この前数年ぶりに行った図書館、借りてきた本は郷土菓子の本が4冊で楽しく読んだんだけれど、最後の1冊が難航中。
日本全国同じようなお菓子で名前が違うってのが結構ある。同じ民族だからみんな考えることは似通っているからねー。
あ、でも沖縄はちょっと別世界だよね、中国や東南アジアテイストに戦後の日本やアメリカ文化が混じった感じよね。
北海道は同じ地域からの入植者が一つの町を作ってきたので、隣町でもルーツが違い食べ物も風習もちょっと違うということがあったりね。
お菓子の本を読んでいると毎日食欲との戦いで、まぁ、大体負けるよね。

20240225丁稚羊羹
丁稚羊羹ってあるじゃない、奉公先から里帰りの時に持ち帰ったとか、逆に実家から奉公先へのお土産にした羊羹。
当時高価だった砂糖をあまり使わず、給金の少ない丁稚でも買うことができる羊羹なので丁稚羊羹って説もあるそうだけれど。
丁稚羊羹って、ずっと水羊羹のことだと思っていたけれど、2種類あるんだね。
20240225丁稚
鳥天が知っていた丁稚羊羹は紙箱に入ったこれ。福井や三重、大阪なんかがこれだよね。
砂糖が少なく日持ちがしないので冬季限定販売、お取り寄せすると5箱4000円分くらい買わないと送料無料にならない。
食べてみたいなぁと思いつつ賞味期限5日と短いじゃん、注文日を入れると北海道まで届くのは3日後、2日で5枚はさすがにキツイよなぁ。
で、もう1つが小麦粉を入れて固めたタイプで、滋賀や京都なんかがこのタイプ。
右写真は滋賀県JA女性部からの写真引用で、丁稚羊羹のレシピも乗っていたのでこれを参考に作ってみた。
20240225丁稚羊羹2
こし餡に小麦粉とでんぷん粉を混ぜて練って、竹皮に包んで蒸すだけなんだけれどね、竹皮ないわ~。
似たもので冷凍庫に笹の葉があったので代用。なんか色が赤いしつるんと滑らかにならなかったのは、きっと蒸し時間を無視したから。
レシピでは30分間蒸すってあったんだけれど、加熱済みの餡に粉を入れただけだしミニサイズなので15分で火は通ると短縮したのよね。
20240225笹の葉
JAのはしっかりした羊羹だけれど、自作のはスプーンで切れる蒸しケーキ的な別物が出来上がった。やっぱりレシピ通り作らなきゃだめねー。
お味はね、これがおいしいのよ。本物とは食感は全然違うんだろうけれど、餡子を粉で薄めているから甘すぎずパクパクイケちゃう。
餡子100g一気食いはキツイけれど、これは100g相当ペロンと食べちゃった。
こし餡ってサラサラしているじゃない、つなぎの粉は入っているけれど軽い口当たりで(多分本物は違う)失敗もまた良きことかなと。
まぁ、いつか本物を食べる日を心待ちにしよう。
20240225勉強中
今読んでいる本はとっても情報量は多いんだけれど、写真の1枚も載っていないので読むのが辛い。
付箋貼って勉強中なんだけれど、なんか無駄な知識を蓄えている気もしないでもないよね( ´艸`)
20240225牡丹餅
で、重箱ぼたもちって郷土菓子も初めて知った。千葉の郷土菓子で、おこわ・餡子・おこわを重箱一杯に敷き詰めるんだって。
餡子弁当的なこのお菓子(料理?)、昔は食糧事情が悪かったじゃない、第一子出産後に母親をねぎらうためのものだったそう。
餡子や餅は母乳の出をよくするって話もあるし、好きなように好きなだけ食え!ってことらしいよ。
同じようなものが茨城にもあって、こちらはみつめぼたもちと呼ばれる。産後3日目に振舞うぼたもち。
これはさすがに真似してみる勇気が出ないな。
20240225ぶっかけぼたもち
そういや、北海道土産菓子で有名な六花亭にも、地元民向けの生菓子でぶっかけぼたもちってのがある。
斬新だなぁって思ってたけれど、もう既にある食べ物だったんだね。
20240225海藻菓子
北海道にも餅に昆布を搗き込んだ昆布大福ってのがあるけれど、海藻系菓子もたまにあるようだ。
求肥昆布は福井の銘菓で昆布粉と餅粉を練った羽二重餅で皇室御用達だとか。セコマの昆布大福おいしいからね、きっとこれもおいしい。
食材としての求肥昆布ってのもあった。
こちらは蒸し昆布に砂糖を重ね塗りして乾かしたもので、京都のお節料理に欠かせないものなんだそうだ。初めて聞いたわ!
そして昆布があればわかめもある。わかめ餅はまだ食べたことがないなぁ~。
20240225お茶
そんなこんな、郷土菓子について勉強中なんだけれど、甘い和菓子にはお茶よねー。
最近はすっかり横着してお茶は粉末茶。お~いお茶の粉末は高いので、いつもそれの半値くらいの茶工場のまかない 粉末緑茶を利用。
ところがこの前ドンキホーテにいったらば、茶工場のまかないと同じ会社が作っているドンキのPB商品があったのよ。
いつも買っているのより10g多くてちょっとお安い。もうね、お茶もドンキで買うわ!

そんなこんな、本を読み終わるまで郷土菓子ブームが続きそうな鳥天だったとさ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌市情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキング
最終更新日2024-02-26
Posted byお気楽インコ

Comments 6

There are no comments yet.
かーと  

鳥天さん、こんにちは!

うむむ、丁稚羊羹、聞いたことがないです;
ただ意識してなかっただけで食べたことはあるのかもですが!

でも大阪でもポピュラーなお菓子だそうですし、
たぶんどこかで見かけたことはあるのでしょうね!

羊羹のひたすらあんこのみで攻め立てる感が苦手なので、
ちょっと中和してる丁稚羊羹は
自分としてはむしろ好みに合いそうな気もしますね!(●・ω・)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

2024/02/26 (Mon) 09:36 | EDIT | REPLY |   
鳥天  
To かーとさん

砂糖が少ない水羊羹なので傷みやすいので冬季限定販売品のことが多いみたいだよ。
殿方はあまりお菓子屋さんいかないし、和菓子屋さんは特に行かないかもだしね~。
水羊羹はさらっと甘みも少なく食べやすくていいよね。
いつか本場で食べてみたいものだわ!

2024/02/26 (Mon) 21:11 | EDIT | REPLY |   
ココ  
No title

第一子の産後に餅とかあんこを食べまくってたら、6キロ太って子供の一か月健診で私が栄養指導されたなー。
産んでからされる人珍しいって言われた。
重箱ぼたもちの話で思い出したわー。
うまそうだし(*´з`)

2024/02/26 (Mon) 23:08 | EDIT | REPLY |   
鳥天  
To ココさん

母乳の出が良くなるって大福よく食べるからね~( ´艸`)
うちは第一子の時に20㎏増やしちゃったから、産前なのか産後なのかわからんかったわ( ´艸`)

2024/02/27 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   
Zebra  

あら?
コメントを送ったつもりだったのに、届いていませんでした。
丁稚羊羹、初めて聞きます。不思議な名前のローカルスイーツ、多いですよね。
でもって、手に入れにくければ、全部作れちゃうのですね。

東京ローカル和菓子かもしれませんが、切腹最中、というのがあります。
作るのは簡単かも……です。
https://greenzebra2008.blog.fc2.com/blog-entry-1125.html
こんなやつです。

2024/02/27 (Tue) 23:11 | EDIT | REPLY |   
鳥天  
To Zebraさん

方言だったり地方の名所だったり、名前からだとどんな食べ物かわからないもの多いよね~。
切腹最中、これも面白いね~。
最中はね、実はそんなに好きじゃなくって、最中皮マニアだから買うのよ( ´艸`)
最中皮アートというか、写真コレクションしている。ちょっと変態だ( ´艸`)

2024/02/27 (Tue) 23:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply