FC2ブログ

Welcome to my blog

松ぼっくり 松笠 松の球果

お気楽インコ

お気楽インコ

台風の余波とかで強風が続いたのでヒマラヤスギの松ぼっくりを探しに道庁へ行ってみたら、スズメさんが可愛いことになっていた。

0827スズメ
まあ!おとぎ話みたいね♡とか乙女なこと思って見てたけれど、葉っぱに付いた虫食べてたわ。

最近松ぼっくりと縁があるんですけれどね、みなさんご存知です?松ぼっくりさんのこと。私、大きい小さいしか考えたことなかった。
いやね、松ぼっくりの一生だの種類だの知らなくても、牛丼は作れるので別にどうでもいいんですけれどね、気になって仕方ない。
そんなわけで最近公園行ったら意識的に松の木をじ~っと見るんですよ。完全に不審者っぽいですよね~。
ヒマラヤスギって名前から寒い土地で育つと思ったら、厳しい冬は苦手なようで北海道では珍しい、でも道庁に植えてあるんですよ。

ヒマラヤスギ 実2   シダーローズAmazon
左:まだ青くて落ちそうにない道庁のヒマラヤスギと右:アマゾンから借りてきた写真でシダーローズって名前で売ってるヒマラヤスギの松ぼっくり。
シダーローズ、ハンドメイドしたりインテリアにボタニカル取り入れている人は知ってるかも。乾燥するとバラの花みたいになるのね。
物凄く高いものではないんだけれど、自分で拾った方がうれしいので、時々道庁行ってチェックしている。
松ぼっくりは花が咲いた次の年に球果が育ち、乾いたいわゆる松ぼっくりになるのは翌年秋以降なんだって。2年越し。
チョウセンゴヨウマツ1  チョウセンゴヨウマツ2
これは中島公園のエゾリスさんのお気に入りご飯、チョウセンゴヨウマツの球果と乾いて松ぼっくりになったもの。
コウヤマキ?樹上松ぼっくり  コウヤマキ?松ぼっくり
コウヤマキ、これ、松ぼっくりの頭から葉っぱ生えるのよ、ちょっと可愛い。松ぼっくりはワイルド系。
ドイツトウヒ?  ドイツトウヒ 食痕
ドイツトウヒ、松ぼっくりは20㎝以上になるよ。右、リスさんが食べた後。いわゆる「森のエビフライ」。
ストローブマツ  ストローブマツ 実クリーニング後
ストローブマツのクリーニング前後。松脂酷いし虫や菌ついてるから茹でる。松脂で全体コーティングされ艶って一石二鳥。
カラマツ 松ぼっくり2  カラマツ?リスの食痕
カラマツの松ぼっくりとリスの食痕。小さくてこれも花みたいで可愛い ぼっくり。
クロマツ 松ぼっくり  モンタナマツ
左:クロマツはアカマツの松ぼっくりとの違いが分からん。右:モンタナマツもイメージ通りの松ぼっくり。
シダーローズ以外は札幌市内の公園で撮影、収集したもの。なんかまだ松の種類あるけれど、大きな違いはないようなので・・松は終了だな。
まあ、本日は役に立たない知識ということで。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
最終更新日2020-01-19
Posted byお気楽インコ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply