FC2ブログ

Welcome to my blog

道民のソウルフードジンギスカン 松尾ジンギスカンすすきの4・2店で食べ放題

お気楽インコ

お気楽インコ

折角息子二人帰ってきて、久しぶりに車でお出かけ行けるかと思ったんだけれどね、義母がコケて頭打ったとか何とかで・・・また病院で一日終わり( ;∀;)
下の息子は春から社会人だから、昨日しか出かける日なかったんだけれど・・・まぁ、仕方ないね。
義母は後頭部切って3針縫って、今のところは頭の中出血はなしで良かった。もうね、8月からお休みは病院しか行ってないわね~。
そんなこんな、せめても夕ご飯は故郷の味を食べさそうと、ジンギスカンへ行ってきた。
ジンギスカンは北海道でも地域でちょっと違いがあって、札幌以南は生ラム、道央は味付け肉が主流で、鳥天も夫も味付け圏で育ったの。
なので、鳥天家は味付けジンギスカンが多かったので、こっちでは味付けジンギスカンで有名な松尾ジンギスカン、松ジンすすきの店へ行ってきた。

松ジン
ジンギスカンの匂いが苦手という人も多いけれど、道産子的には嗅ぎ慣れている匂いだから、お、羊肉だなって思うけれど臭いとは思わない。
ただ、食後部屋にこもる匂いは臭いわ!獣食べた匂いするわ!息子も部屋が臭くなるから、アパートで食べないらしいよ。
ジンギスカン作法1
ジンギスカンの食べ方を指南するとだな、まずジンギスカン鍋を温め、鉄鍋はラード等油をひくけれど、松ジンの鍋は焦げ付かないので不要。
周りのくぼ地に野菜を投入タレを回し入れ、山になった部分で肉を焼く。山の部分は凸凹になっていて、汁や脂が窪地に流れ落ちる。
ジンギスカンは半分鍋料理、野菜は煮て食べるのよ。ちょっと塩分多めで、食べた日はのど乾くんだけれどね、たまになので気にしない。
肉は両面赤い色が消えれば食べごろ、味は初めからついているのでつけダレはない。肉汁が染みた野菜もバクバク食べる。
お行儀悪いけれど肉も野菜もご飯に乗っけて食べると、タレが染みて美味しいよ。
ジンギスカン作法2
ちょっと肉に飽きたら箸休め的にソーセージなんかも焼いてみる。これは羊肉ソーセージ。で、また肉に戻って、野菜も追加して美味しく食べる。
ジンギスカン作法3
窪地に溜まった汁は肉汁やら野菜の出汁やら混じって美味しいので、ここにうどん投入。餅でも焼きそばなどの蒸し麺でも美味しい。
うどんに味が染みてあめ色になったらいただきます。このうどん、生卵に絡めて食べるとマイルドな味わいになる。
20190915松ジンすすきの
昨日は息子二人いたので食べ飲み放題。店内写真は公式ので、すすきの4・2店は新しいのできれいだし、排煙も強力。
ジンギスカン 生ラムVS味付け
生ラムと味付けジンギスカン。札幌のお店は生ラムがほとんどで、一番人気の成吉思汗だるまをはじめふくろう亭やいただきますなどは生ラム。
生ラムはタレの種類や肉の部位が豊富で、味付けで育った人間からすると、羊の焼肉に感じるけれど、どっちとも美味しい。
昔はどの家庭にもジンギスカン鍋あったんだけれど、今の住宅気密性高くて匂いがついちゃうし、マンションじゃ屋外でできないからね。
焦げ付いた鍋洗うのも大変だし、うちも鍋は処分して専ら外食。ソウルフードだけれど家では食べなくなっちゃったわ!
みんなも北海道来たらジンギスカン食べてみてね~!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
最終更新日2019-11-22
Posted byお気楽インコ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply