FC2ブログ

Welcome to my blog

板そば なみ喜 鳥天と田舎そばが美味しいお店で一日早い年越しそば

お気楽インコ

お気楽インコ

みんな板そばって知ってるかしら?木箱に入った大盛のお蕎麦。
何でもその昔、山形のそば農家が長い板や木箱にそばを豪快に盛り付けて、作業の慰労や客人のもてなしに出したのが始まりなんだって。
大きな木箱にいっぱいそばを盛って、シェアする人とご縁が板につくとか、細く長くそばにいられますようにとかゲン担ぎの縁起物だったそう。
山形の郷土そばで、農家のそばなので粗く引いたそば粉を使った黒くて太い田舎ソバ。
息子達が帰って来てから毎日爆食いだからね、あっさりしたものをということで、板そば なみ喜へ行ってきた。

20191230なみ喜
なみ喜は北区新川通近くに本店、篠路に支店があり、本店はいつ行っても混んでるから、ちょっと待つ覚悟で行った方がいいかも。
篠路店も人気があるけれど、場所柄行列までは経験したことないし駐車場が広いので、足と時間があったら篠路店の方がお勧めかな。
20191230なみ喜板ソバ
元々シェアして食べるそばから始まったので、量多いよ。板で普通のざるそばの1.5倍。でもそばの一人前って楽勝で食べきれちゃうもんね。
20191230なみ喜特天ぷら板中
息子①の頼んだ特天ぷらざる、麺は板中にしたのでざるそば2人前量。ここね、鳥天(料理名の方ね)も美味しいのよ、衣サクサク鶏ふっくら。
てんぷら盛り合わせ付きなので、あっさりの気配はまるでない。一人爆食いマラソンを突っ走る逞しい息子である。
夫は板そばで1.5人前、ビジュアルがつまんないので写真はない。あ、息子②は友達と会うので不在だった。
20191230なみ喜納豆ザル
鳥天(主の方ね)オーダーの納豆ザル。ザルは一人前相当だけれど、太いちょっと固めのそばなので十分満足できる。
北海道の年越しはご馳走食べる日だから、お腹いっぱいで毎年そばまで辿り着かないのよね、一日早く年越しそば良いかも。
31日の23時に家族みんなテレビ見てる中、エビ天揚げたりそばゆでたりするのも悔しいし、来年からは外でそば食べるのもアリだわ!
母子手帳昭和32年・生成6・8年
義父母宅の片付けで見つけた母子手帳昭和32年度のもの(左)。中と右は鳥天息子達の平成版。
母子手帳は1937年に妊産婦手帳として誕生、1948年に母子手帳に変更、1967年から母子健康手帳になったそう。
60年以上たった今も大切にとってあったんだ。幾つになっても親は子が可愛いもんだよね。
義母、年越しにカニ食べられないけれど、可愛い息子の可愛い子供たちの顔見て、ちょっと元気になったら良いなぁ。
みんなも元気に年越しするのよー!
今年も一年仲良くしてくれてありがとうね!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





最終更新日2019-12-31
Posted byお気楽インコ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply